整体師に必要な資格をスピード取得する方法|働きながらでも可能

女性が活躍できる医療現場

男女

放射線を扱う専門職とは

診療放射線技師とは、医療機関で医師の指示に従って放射線を用いる診断や治療を扱う仕事をする人をいいます。X線を用いたレントゲン写真やCTの撮影、磁気を使ってレントゲン写真より詳しい検査をするMRIの撮影、超音波を使うエコー検査が主な仕事となります。また、がん細胞を減少させる放射線治療を行うときにも活躍しています。診療放射線技師は医療機関内において放射線を扱える唯一の専門家なので、放射線を安全に使用するための管理をしっかりしなければなりません。そして、診療放射線技師が撮る画像の写り次第で治療が必要な箇所が見つかるので、医療機関においてとても重要な役目になります。もともと男性が多い職でしたが、近年では女性の診療放射線技師の需要が高まっています。婦人科や産婦人科など女性を対象とする科では特に女性の診療放射線技師が活躍しています。乳がん検診で行うマンモグラフィ検査や子宮がんの検査のときに技師が同じ女性のほうが患者さまもリラックスして検査を受けることができるからです。国家資格が必要な職ですので、育児休暇後や子育てがひと段落してまた診療放射線技師として働きたいという女性にとって再就職をしやすい傾向にあります。また、入院施設がない医療機関だと残業が少なかったり、夜勤もないので子育てをしながらでも働きやすい環境になっています。診療放射線技師は、自分の撮影する画像次第で医師と患者さまの役にたつことができるので、とてもやりがいを感じることができる職業です。診療放射線技師を目指すためには、専門学校や大学へ行って必要な知識や技術を学び、国家資格を取得する必要があるのです。そのため、きちんと勉強をするようにしましょう。しかし、専門学校や大学といっても沢山あるため、通う際には目的に合ったところを選んで通うことが大切となります。